歯の豆知識

歯ぎしりについて

・歯ぎしりの音がうるさいと言われる

・朝起きると顎が疲れている

・歯の被せ物、詰め物がよく取れる

・事故や怪我以外で歯が欠けたことがある

・エラが張っている…etc

 

これらの原因は歯ぎしりが

関係している可能性が高いんです。

 

症状の重さに個人差はありますが、

実は歯ぎしりを行っている人はとても多いのです。

成人の約80%の人に歯ぎしりの所見がみられると

指摘する歯科医もいます。

 

歯ぎしりを続けていると歯が削れてしまったり、

知覚過敏を起こしてしまったりと

いった悪影響があります。

また、顎関節症、頭痛、肩こりなどの

原因になることもあります。

 

今回は歯ぎしりの原因と

マウスピースで歯を守れる理由について

詳しくご紹介していきますので

ぜひ参考になさってください。

 

 

歯ぎしりの種類

 

歯ぎしりは、専門用語で「ブラキシズム」とも

呼ばれており、医学辞典では

ブラキシズム:上下の歯を無意識に喰いしばったり、

すり合わせたり、間隔的に噛み合わせたりする習癖とあります。

この「ブラキシズム」には種類がいくつかあるので、

ご紹介していきます。

 

 

1,歯のこすり合わせ(グラインディング)

歯の全体を横にグリグリと

こすり合わせるタイプの運動です。

その運動方向は水平的で運動範囲は広いため、

歯は全体的にすり減っていきます。

就寝時に行っていることが多い様です。

 

2,歯の一部の擦り合わせ(ナッシング)

ナッシングは歯の全体ではなく、

ある一定の場所だけで、

ギシギシこすり合わせるタイプの運動です。

日中には見られず夜間に

生じていることがほとんどですが、

歯をきしませるため音が鳴る場合もあります。

 

3,歯の噛みしめ(クレンチング)

歯を強い力で上下に食いしばる症状です。

日中・夜間に関わらず起きます。

音がでない事が多く歯ぎしりに

気がつきにくいのが特徴です。

 

4,歯を鳴らす(タッピング)

上下の歯を「カチカチ」と

打ち鳴らすようにする歯ぎしりです。

珍しいタイプの歯ぎしりです。

それほど大きな力では噛まないため、

他のブラキシズムと比べて大きな害はない様です。

 

参考文献:

知っておきたい「力」のこと 気づく・伝える・守る

 

歯ぎしりの診断・対応

 

歯ぎしりの診断・対応は非常に難しいものなんです。

その要因としては4つ挙げられます。

 

1,発現の原因がまだ解明されていない

歯ぎしりを増大させる原因は精神的ストレスと、

噛み合わせの問題に大別され議論が続いています。

原因が解明されていないため

予防や対応の方法も確立されていません。

そのためブラキシズム自体をなくす事は

ほとんどできないと言えるでしょう。

 

2,本人に自覚がない場合が多い

口の中の状況からブラキシズムが疑われても

その多くは無意識化で行われているため、

ブラキシズムを自覚している人は

あまりいないのが現状です。

本人に自覚がなければ治療をすることは困難ですので、

まずは自覚をしてもらう事から始めなければいけません。

 

3,音がせず、気づきにくいブラキシズムもある

「ギリギリ」と音が鳴るようなブラキシズムであれば、

家族などからの指摘で自覚できる場合があります。

しかし、音がしないブラキシズムの場合、

周囲の人が気づくことはありません。

特にクレンチングの場合、

多くは音がしないことから自覚しづらく、

何らかのトラブルが生じて初めて問題に

気づくことも少なくありません。

 

4,ブラキシズムには様々なタイプがあり、複数のタイプが併発している場合がある

グラインディング、ナッシング、クレンチング、

タッピングはそれぞれ異なった動きをする為、

タイプによって臨床像も様々です。

しかも1つのタイプのブラキシズムが

単独で行われている場合もあれば、

いくつかのタイプが併発している場合もあり、

更に問題を難しくしています。

 

 

参考文献:

知っておきたい「力」のこと 気づく・伝える・守る

 

 

マウスピースで歯を守れる理由

 

様々な悪影響がある歯ぎしりですが、

マウスピース(スプリント)で歯を守ることができます。

就寝時に、マウスピースを装着すると

歯への負担が軽減されます。

 

マウスピースを付けていれば、

歯ぎしりをしても直接歯に負荷がかからないため、

歯の削れや、詰め物の破損などを防げます。

また顎の関節に掛かる力が軽くなるため、

顎関節症などを予防も可能です。

 

さらに、マウスピースを装着するとかみ合わせの位置が

高くなりますので、

顎の筋肉の緊張が解消される効果もあります。

 

市販のマウスピースも販売されていますが、

ご自身に合っていない市販のマウスピースを装着すると

違和感が大きいだけでなく

悪影響がでることもありますので、

歯科医院でマウスピースの制作をおすすめいたします。

 

マウスピースを当医院で作る場合、

歯型をとって専門の技術を持つ歯科技工士が

患者様一人一人に合うマウスピースを

オーダーメイドで制作いたします。

また健康保険が適用されますので

費用はそこまで高価ではありません。

 

歯型をとるだけで、痛みなく簡単にご自身に合った

マウスピースを制作することができます。

歯ぎしりが気になる方は早めに当医院にご相談下さい。