歯の豆知識

治療の終わり、あなたが決めないで!!

みなさん、こんにちは!

今回は治療の中断についてのお話をさせていただきます。

 

突然ですが

みなさんはどのような時に歯医者に行きますか?

 

・歯が痛くなった

・歯茎が腫れている、出血している

・虫歯があるかも

・クリーニングしてほしい

 

などの理由が挙げられると思います。

 

通院し、治療の初期段階で歯の痛み、腫れ、出血などは

応急処置などで改善されます。

しかし、症状が収まったからといって

通院を中断してしまってはいけません。

なぜかというと、まず治療の途中なので完治していません。

それに加えて治っていない状態で放置してしまうと

そこからまた新たな病気が発生してしまうリスクがあるのです。

結果として、最初に受診した時よりもお口の健康状態が悪化してしまう場合があります。

 

例えば、虫歯が神経にまで達してしまい歯の神経(歯髄)

を取る処置を行います。この処置の後治療を中断してしまうと根っこの中に

菌が増殖してしまい膿をつくることがあります。さらに数カ月以上放置してしまうと

回復不可能なくらい悪化して最悪抜歯になることも…

神経を取ると痛みが少なくなるため、この処置の後中断してしまう方が多いです。

 

他には、虫歯を取り除いた後詰め物を詰めます。その為に型取りをします。

詰め物が出来上がるまでの期間は仮歯で過ごしていただきます。この仮歯の状態で

長期間放置してしまうと天然歯と仮歯の間に唾液などの細菌が入り込んで

歯質を溶かし始めてしまいます。さらに歯は削った後そのスペースを

埋める為に移動していくことがあります。歯が移動してしまうと

せっかく型取りをして出来上がった詰め物の適合性が悪くなってしまい、

再度型取りをし直さなければいけなくなってしまい最終的な詰め物を

詰めるのにさらに時間がかかってしまうことになります。

 

また、虫歯だけではなく歯周病も痛みや症状が無く進行してしまうことがほとんどです。

 

このように、中断してしまうとその時はいいですが

後々また虫歯が進行してしまったり、歯周病が悪化してしまったりします。

こういった悪循環に陥ってしまう前に

きちんと治療を終了させ、メンテナンスに通いましょう!

メンテナンスに通うことで定期的な歯のクリーニングは

もちろんですが虫歯など初期段階で気付けることが多いので、

痛みも少なく短い時間で治療することができます。

 

理想の歯の状態をイメージしたり、

中断してしまうことによるデメリットを知ることが大切だと思います。

疑問に思ったこと、不安に思っていることなどどんな些細なことでもかまいません。

何かございましたら当院スタッフにお尋ねください!

 

忙しくてなかなか予約が取れないという方も

いらっしゃるとは思いますが、一緒に頑張りましょう!!

お電話でもご予約お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください。