歯の豆知識

メタルフリーってなに???

皆さん、こんにちは。
神戸市中央区の高速神戸駅にあるインプラント・矯正・審美修復治療に特化した奥田歯科医院です!

歯医者さんに行くと『メタルフリー』という言葉を目にしませんか?

『メタルフリー』とは、被せ物など、金属を使わない治療のことを言います。

なぜ、金属を使わない方がいいのかと言いますと、

1、 金属アレルギーのリスク
2、 金属が溶けだし歯や、歯ぐきに着色・変色するリスク
3、 被せ物と歯の間に小さな隙間ができ、そこから虫歯が再発するリスク
4、 電磁波過敏症になるリスク
以上のことが挙げられます。

1、 保険の金属には、『金銀パラジウム合金』というものが使われています。
これは、金、銀、パラジウム、銅、錫、亜鉛などが含まれています。

そして、アレルギーを起こしやすい金属は、水銀、コバルト、クロム、ニッケル、パラジウム、その他にもアルミニウム、亜鉛、ロジウムなどがあり、これらの金属は保険の被せ物などに多く使われています。

この金属は保険で虫歯治療をした方には入っています。いわゆる『銀歯』ですね

この銀歯が長年使うことにより、唾液によって金属イオンというものが溶け出してきます。
これが体内に入った時に、免疫の働きで金属を異物と認識し、次に金属に触れた時にアレルギー反応が起こるわけですが、銀歯は外してしまわない限り口の中にあり続けるのでアレルギー反応も起こり続けます。

症状は口の中だけにとどまらず、全身に発症することがあります。

詳しくは、次回の豆知識ブログで紹介します!!
2、 アレルギーと同様に長年の使用で金属イオンが唾液により溶けだし、歯や歯ぐきが黒ずんでしまいます。
長年金属に触れていれば簡単には元に戻らない可能性があります。

3、 銀歯は治療が終わっても安心してはいけません!
歯と被せ物の間に小さな隙間が出来てきてそこからまた虫歯になるリスクがとても高いのです!
金属は、歯よりも硬いので毎日噛むことで歯に負担がかかり歯が欠けてしまったり、隙間が出来てきて見た目には変わりがなくても被せ物を外すと中は虫歯になっていることが良くあります。

皆様も、掃除に行っただけなのに虫歯と言われた。なんて経験、あるのではないでしょうか?

それはこれが理由です!

4、 金銀パラジウム合金が身の回りにあるものから発生している電磁波を集めて、より電磁波の影響を受けている可能性があるといわれています。

電磁波過敏症とは、携帯電話や電子機器、家電などから出る電磁波を受けることによって頭痛や吐き気などからだに異変が起こる事を言います。

これらの事が起こるリスクが高いためメタルフリーを推奨している医院が多いです。

そして、金属の代わりに使うものが、セラミック、ジルコニア、レジン、グラスファイバーなどがあります。
やりかえる事で、金属アレルギーなどの症状が緩和し、お口の中も綺麗になります!!

まさに、一石二鳥ですね!!!
詳しく話を聞きたい方や、ご相談も承っておりますので、奥田歯科医院へご連絡ください。