歯の豆知識

フロスの使い方

 

毎日欠かさず歯ブラシをしているのに、なぜ虫歯になったり、歯ぐきが腫れたりするのでしょうか?

原因は歯ブラシでは取れない汚れ。つまり歯と歯の間や歯ぐきとの境目に汚れが残ってしまっているからです。その部分の汚れをしっかり取らないといくら歯ブラシを頑張っていてもキレイになりません。
そこで歯ブラシだけでなく、補助的な道具を使って少しでも汚れを落としていきましょう!

 

糸ようじ、デンタルフロスという言葉は聞いた事あるかもしれませんが、実際に“どう使うのかわからない。面倒くさい。。”と思っている方は多くいらっしゃると思います。そこで使い方についてお話致します。

まず、フロスの種類です。

ワックス付き→歯と歯の間に入れると滑りやすく、使いやすい。
ワックスなし→汚れの除去率が高い。

 

ホルダー付き→Y型・F型の2種類。
Y型:奥歯が磨きやすい。
F型:前歯が磨きやすい。
ホルダーなし→引っかかっても横からスルッと抜ける。

 

使い方は簡単です。歯と歯の間に入れるだけです。
⚫︎前後に少しずつ揺らしながら入れる。勢いよく入れると歯ぐきをキズつけてしまいます。
⚫︎ただ入れるだけでなく、歯にしっかりと添わせる事が重要です。

この2点を守れば、歯と歯の間の汚れは落とせます。文字ではなかなか分かりにくいと思いますので、歯科医院でしっかりサポート致します。
ご自身で使いやすいものを見つけられるといいですね。
歯を守れるのは自分自身です。補助道具を使って、お口の中の汚れをより落としましょうね。