歯の豆知識

銀歯と白い歯

銀歯と白い歯の違いについて
虫歯が大きく、歯を削る量が多かった場合型を取り、詰め物もしくは被せ物をします。
その素材が保険診療では銀歯、自費診療では白(オールセラミック)、もしくは金(ゴールド)となります。
銀歯とは・・・

保険の範囲内でできる
素材:金銀パラジウム合金

特徴:費用が安く済む
銀色なので審美的には良いものとは言えない
強い噛み合わせに耐えるが、硬すぎるので反対側の歯を痛めてしまう可能性がある
適合性が悪く虫歯が再発しやすい
金属アレルギーの心配がある
白い歯とは・・・

自費診療
素材:セラミック(陶材)

特徴:保険がきかないので費用がかかる
汚れが着色しにくく、経年変化による変色もないので、審美性が高い
精密な型を取るので適合性が良い
虫歯再発のリスクが少ない
金歯とは・・・
自費診療
素材:金合金
特徴:保険がきかないので費用がかかる
生体親和性がよく歯に馴染みやすい(天然歯と同じ硬さ)
精密な型をとるので適合性が良い
虫歯再発のリスクが少ない
日本では銀歯が主流となっていますが、ご自身の歯の健康、寿命をしっかり考えられた上で選択することをお勧めします♩