歯の豆知識

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの使い方


皆さんは歯磨きの後、歯間ブラシを使っていますか?
どうして歯ブラシだけではだめなのでしょう???

歯ブラシで歯磨きしただけでは、歯と歯の間は十分みがけない事があり、食べかすやプラーク(歯垢)が残ってしまいます。歯ブラシのみでは、歯と歯の間のプラークの61%しか除去できなかったのに対して、歯間ブラシを併用すると85%まで除去できます。

みなさんもご存じのとおり、むし歯や歯周病の原因はプラークです。
そこで、歯間ブラシを使って、歯ブラシだけでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう!

歯間ブラシには「I字型」と「L字型」の2つのタイプがあります。おすすめは奥歯の歯間部にも挿入しやすい「L字型」のブラシです。初めての方にも使いやすいタイプなので、ぜひ試してみてください。

①「鉛筆」を持つような感覚で、グリップを握る
②鏡で確認しながら、歯茎を傷つけないようにゆっくりと“斜め”に歯間部へ挿入する
③歯の面に合わせて、前後に23回動かす
④隣り合っている歯をそれぞれきれいにする
⑤歯間ブラシは繰り返し使えるため使用後は水でしっかり洗い、風通しの良い場所で乾かす

歯間ブラシの交換時期は毛先が乱れていたり、短くなったと感じたら新しいものに交換するようにしましょう。