歯の豆知識

歯茎が下がった?

「歯茎が下がってきた?」「歯茎が痩せたような気がする…」と不安な人はいませんか?

歯が伸びたように見えたり、見た目も気になるものです。

今回は歯茎が下がる原因について少しお話しします。

 

まず、歯茎が下がる原因の一つに、「歯周病」があります。

「歯周病」とは、歯と歯茎の溝にプラーク(細菌)が溜まり、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。骨がどんどん溶けていくと共に、歯茎も一緒に下がっていってしまうのです。

毎日しっかりと歯磨きをしていても磨き残しが溜まってしまい、知らず知らずの内に「歯周病」が進行している場合もあります。そのために毎日のブラッシングをしっかり行う必要があります。

 

しかし、綺麗に磨こうと意気込み「強い力でゴシゴシと磨く」ことも、歯茎が下がる原因の一つです。

 

なかなか自分では、どうやって歯ブラシを当てたらいいのか、力加減はどのくらいか等、わかりにくいかと思います。そんな時は、歯医者で一度正しい歯磨きの仕方を聞いてみてはいかがでしょうか?