歯の豆知識

良い歯並びが将来の歯を残す!!

みなさんこんにちは。院長の奥田です。
10月の豆知識ブログは矯正治療について、お話してきました。
もう大人だし今更歯並びなんて治さなくても!!
と思っていませんか?
大人だからこそ歯並びは大事なのです。
なぜ矯正治療が必要なのか!!
なぜ良い歯並びは将来、歯が残るのでしょうか?
幾つか考えてみましょう。
歯並びの不正があると
・ 歯磨きがいきとどかず、虫歯になりやすい、歯周病になりやすい
・ 噛み合わせが悪く、噛む力が均等ではないため、
歯を支えている骨が減ったりする、歯周病を増悪させる
・ 噛み合わせが悪く、顎関節症になることがある
・ 姿勢が悪くなる
・ 正しい発音ができない
・ 自信のある笑顔ができない
以上のような問題点があげられます。
これは少なからずとも歯の寿命を短くさせています。
最後にこんな研究があるので紹介します
8020運動があるのはご存知でしょうか?
80歳で20本の歯を残しましょうという運動です。
この8020達成者は歯並び・噛み合わせはどのような状態なのか調べた研究です。
データによると前歯の前後関係において
正常な噛み合わせは84.6%
上顎前突(出っ歯)15.4%
反対咬合(受け口) 0%
なんと、出っ歯や受け口の方は80歳で20本の歯が残っている数が非常に少ないのです。
よって当院では、来ていただく患者様が少しでも自身の歯で一生、食事ができるように、美味しく食事ができる素敵な人生を過ごして頂くため
患者様への啓蒙活動、デンタルIQアップのために尽力してまいります。