未分類歯の豆知識

歯の着色(ステイン)とは

 

 

歯の着色汚れ(ステイン)とは、お茶やコーヒーなどに含まれる色素(主にタンニン)やタバコのヤニなどが歯の表面に付着してできる茶色い汚れや黄ばみのことです。

 

自分の歯がなんか汚い、黄色いなと感じている方、それは着色汚れが付着している可能性があります。

 

自分の歯そのものの色自体を白くする「ホワイトニング」とは別に、「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」で専用のブラシやペーストを用いて着色汚れを落とすことができます。

 

また、着色汚れが付きやすい方は、何か原因があるかもしれません。

 

自己流で着色汚れをガリガリ落としている方は歯の表面に見えない傷が無数につき、余計に着色が付きやすい歯面になってしまっている・・・なんてことも。

 

また、歯面に着色汚れが付着すると、ザラザラになった表面に歯垢や歯石が付きやすくなッてしまいます。

市販されているステイン除去用の歯磨剤を使用するのももちろん良いですが、一度クリニックへの受診をおすすめします。