未分類

ホワイトニングで歯は弱くなるの?

ホワイトニングで歯は弱くなるの?

ホワイトニングは歯を漂白して白くするので、歯にダメージを与えて弱くなるのでは・・・と考えている方も多いでしょう。しかし、結論から言うと、ホワイトニングによって歯が弱くなることはありません。

ホワイトニングを行って歯が白くなる仕組みは、主に使用されている薬剤の成分である過酸化水素や過酸化尿素が、反応の過程で分解されて、酸素と水に分かれます。この時発生した酸素が、歯の着色の原因である色素と結合することにより無色化することで、歯を白くしていくのです。薬剤が反応するターゲットとなっているのは、歯の構成要素では無く歯の色を変化させている有機物成分ですので、歯を溶かしたり脆くすることは無く、歯の構造を変えることもありません。

他に、薬剤によるダメージで、痛みが生じることを気にしている方もいらっしゃいます。こちらは、薬剤の刺激が歯の薄い部分や欠けている部分から神経に伝わるために起きる症状ですが、一時的なものになりますので継続的に続くものではありません。使用する薬剤によっては、ホワイトニング剤に含まれる酸性度によって、歯の表面が粗くなるという変化もありますが、こちらに関しても症状はごく軽微であり、唾液に含まれる成分によって自然修復されます。一時的に歯が弱くなったという捉え方もできますが、あくまで一過性の症状であり、本質的に歯が弱くなるということはありません。

当院はホワイトニングをたくさん勉強している者がたくさんいますので、お気軽にご相談ください!